いつも多忙な文京区の薬剤師さんたち

「頭が痛い」「鼻がムズムズする」「咳が出る」…
このような症状で病院に行かれる方は、とても多くおられます。
季節の変わり目や寒い時期には特にそうです。

「少し咳が出るから病院へ行って、診察をしてもらい薬をもらおう」
このようにして病院に行き、もらった薬を飲んで症状が良くなったときには、病院に行って良かったと思われるでしょう。
しかし、1度病院に行ってもらった薬を飲んで、症状が良くなっても、1ヶ月後に再び同じ症状が出ることがあります。
このときにも同じようにして病院に行き、薬をもらいます。

そうです、1ヶ月前にもらった薬と全く同じ薬をもらうのです。
その薬がよく効くことは知っているので、「またこれで症状が良くなり元気になる」と考えます。
体調が悪いから病院へ行き薬をもらう。
症状が良くなったが、また体調が悪くなった。それでまた薬をもらう。
これは誰もが経験することでしょう。
普通のことであり、何も問題はありません。

私自身、以前に何度も同じ薬を処方されたことがあります。
薬は医師から直接もらうことはありません。
受付の方か、薬局で薬剤師にもらうことになります。

何度も同じ薬を処方され、何度も受けとるときに、ふと思ったことがあります。
毎回、その薬について同じ説明がされるという点です。
恐らく、処方された薬について説明しなければならないのでしょう。
はたして、その説明は毎回必要なのでしょうか。
毎回説明することのデメリットはどういうものなのでしょうか。
それは、説明する側の時間を奪うことになるというデメリットです。

同じ薬を何度も処方されている方に対して毎回薬の説明を行うことは、仕事を効率的に行う上でデメリットとなるのではないでしょうか。
説明をしている間に他の方が薬を受け取りに来るということも考えられます。
もちろん、その薬を使用するのが初めての方もおられます。その方に対しては丁寧に説明するのが当然です。
同じ薬を何度も処方されている方には、説明が必要かどうか聞くことでその説明を省略できるのではないかと今でも思っています。
わたしの通う文京区の薬局は、いつ行っても患者さんがいっぱいです。
薬剤師さんもみなさん、とても良い方ばかりなので、少しでもその労力が減ればなと願うばかりです。
⇒⇒薬剤師 求人 文京区

態度が悪い!なのに人気の薬剤師さん

実際に、わたしが務めていた調剤薬局の薬剤師にまつわるエピソードです。
とても体格が良く、とても態度が悪い薬剤師Fという人がいました。私たちスタッフに対してもその日の気分でテンションが違うなど社会人としてどうなんだ?とおもうところが多々あるような方でした。その態度については調剤薬局内でもとても有名でした。

わたしは、Fさんと一緒に仕事をしなければならないときには、とにかくご機嫌とりをしていました。朝から無駄に褒めたり、お菓子を差し入れしたり…本当に厄介な人だと思いながらも、ご機嫌を損ねると、一日中、無視されてしまうので仕方なく。
そんなFさんですが、スタッフだけに態度が悪いわけではありません。

患者様にも、『ねぇねぇ』と話しかけます。『これ、この問診票に書いてるの、どういう意味?』などと、こちらが、ひやひやするような口調で質問したかと思うと、相手の話を本当に高圧的な態度で聞き、聞き終わると『ふーーーん』と言ってみたり、鼻で『ふん』と笑ってみたりといった対応をなんの迷いもなくやってのけます。

あまりの態度、なのにお咎めなし!こんなことが社会人としてまかり通ることに疑問を感じ、わたしは一時期、薬局経営者のなのではないかと疑ったほどです。
患者様の中には、クレームを言われる方のいらっしゃいました。こちらからすると、当然のことと思います。なのに、クレームが入った患者様とも、しばらくすると完全にお友達のように仲良くなっているのです!

Fさんは、態度が悪いという事実はありますが、決して意地悪な薬剤師ではなく素直な薬剤師という見方もできる人間のようでした。

そのため、クレームを入れてきた患者様に対しても、素直に謝罪『ごめーん』と。そして、その時の自分の気持ちも素直に話す。結果的に、患者様も心をひらき、すぐにお友達になるといった流れでした。
また、Fさんは、注射や採血がまったく痛くないという特技も持っていました。
あの、態度が悪い薬剤師、投薬はうまいよね!と患者様の間でもいつのまにか話題になるほどでした。
人格と才能は別なのでしょうか????でも患者さんや同僚としてはいくら離島で人手不足とは言え、もっとましな薬剤師さんに来てもらいたいものです。トホホ
⇒ 薬剤師求人離島|ダイビングがしたくて沖縄に移住した私の体験記

婚活サイトで「これは微妙…」と思う男性の30代の自己紹介

恋活系や婚活系のサイト、増えてますよね。
そういうサイト使ってみてるんですが、30代の自己紹介の文章ってすごく大事だと思います。本人は自信満々、問題ないと思ってるんでしょうが、微妙な30代の自己紹介ってけっこうあります。
すごく多いのが「年齢より若く見られます」という言葉です。

これ、なにアピールなんでしょう?すっごく多いです。
正直、女性のほうが年齢より若く見られてます。でも、女性が「年齢より若く見られます」とか30代の自己紹介に書いてるでしょうか?書いてる人もいるかもしれませんが、少ないんじゃないでしょうか…。

それに、若く見えるかどうかは写真を見たこちら側が判断することで、自己申告は必要ないんですよね。実際、「若く見えてないよ」と思う人が多いです。おそらく、社交辞令で「若く見えますね」と周囲の人に言われたのを真に受けたんじゃないかと…。

実際に若く見える男性でも、改めてそれを30代の自己紹介に書く必要はまったくないと思います。なんかその言葉を見ただけで「ないな」と思ってしまいます。というか、ナルシストか、プライド高いのかな…とか思ってしまって逆効果です。

「もうおっさんです」とか書いてても写真が若々しくてかっこよかったら、女性はいいなって思います。だから、わざわざ「若く見られるんです」とか書いてるのって「老けてるのを気にしてるのかな」とか思っちゃいます。

あと、異様に文章が長い人。これはなんか「重い」感じがしますね。さらっと数行で上手に30代の自己紹介されてる方のほうがいいです。あとはやりとりでわかるわけですから。
なにより、一番大事なのが写真ですね。30代の自己紹介がほとんどなくても、写真がタイプだといいなって思いますから。

顔がすべてじゃないんですが、その人の雰囲気って写真にでるんです。笑顔とかで明るそうだな、とか、髪形とか洋服でもセンスがわかります。
無表情とか変顔してる人とかいますけれど、印象がよくないですよね。あと、ペットとか景色とかの写真のせてる人も多いですね。

お互いさまだと思いますが、知りたいのは相手の顔ですよね。だから、動物とか景色とかの写真見てもなにも感じないので無意味だと思います。
写真と30代の自己紹介文は大事です!だからこそ30代におすすめの婚活サイトを利用しましょう。
⇒<<婚活サイトおすすめ30代>>

あなたが全ての医者の頂点なの?

患者と医師昨年、友人が原因不明の症状が出て体調を崩してしまい、仕事もできない状態になったんです。
全身に酷い湿疹と異常なまでの痒みで苦しんでいたので、以前から近所でも評判の皮膚科に行くように勧めました。
しかし、一人ではまともに動けないので、私も一緒に行ったんです。

しばらく待って診察の順番になった時に、そこの先生が言った言葉が、小さな病院なので待合室で待っていた私にも聞こえてきたのですが、耳を疑うような言葉でした。
先生は『こんなの診たこともないしなったこともないから、何なのか解らないから治せない』と言ったんです。
小さな開業医だったので大きな病院を紹介してほしい、と友人が言うと、先生が『私が解らないし治せないんだから、どの医者に診てもらっても解らないし治すことは誰にもできないから、紹介する必要がないから帰ってくれ』と言ったんです!
小さな開業医ではできる検査にも限りがあるから、大学病院で色々と検査をしてもらって診てもらいたいから紹介してほしい、と友人は何度も頼んだのですが、結果は紹介する必要がないし、世界中のどの医者が診ても解らないし治せない、の一点張りなんです。

それだけではなく、もしこの病気のことで他の病院で診察を受けたりしたら許さない、とまで言われてしまったんです。
待合室で待っていた私にも全ての会話が聞こえてきて、思わず《あなたが全ての医者の頂点に君臨してるとでも言いたいのか!》と文句を言いたくなったのですが、友人が我慢しているようだったので大事にしたくないのかと思い、その場では我慢しました。

1人の医者では、原因や病気が解明できないこともあると思うのですが、その先生は、自分の考えが正しいと思い込んでいるようで、いくら頼んでも聞く耳を持ってもらえず、最後には『運が良ければ治るかもしれないけど、どうせ治らないわよ、私は全ての病気と治療法を把握しているんだから。それでも解らないってことは未知の病気だから早くこの病院から出て行って』とまで言われたんです。

友人と二人沈んだ気持ちで帰ったんですが、以前はそんなことを言う先生ではなかったのですぐには信じることができなかったのですが、後日、周囲の人に聞くと、先生は高齢になってきてからはそういう態度が多く、最近は評判が悪くなってきていると教えてくれたんです。

高齢になり診察が大変なら、病院を閉めてしまえばいいのにと思ってしまいました。